FC2ブログ
お久しぶりです
久しぶりすぎて目も当てられない。
未だにブログ見に来てくれる人はいるんだろうか?
これだけ放置すると、皆さん足が遠のくと思うんですが……

とまあ、お久しぶりです。葉月火熾です。
多方面の方でいろいろ忙しく、放置してしまい申し訳ございませんでした。
Alternativeは更新しましたが、今後も更新は遅れがちになると思われます。
今、別の方でいろいろ忙しいので。

その代わりと言ってはなんですが、皆様へちょっとしたプレゼントがあったりします。

なんと……Alternativeなんちゃってノベルゲーム

今日の日付は8/9――エイプリルフールじゃありませんって昼食に食べたおにぎりの賞味期限切れてたやん!?

まあ、それは仕方ないことですね。
というわけで、本当にノベルゲーム作ってみましたよー。Monochrome Chapterの第一話まで、ですが。
容量の関係上、これ以上詰め込むといろいろ大変なので。

制作にはらのべえというツールを使わせていただきました。
こちら、気になって買ってみたのですが、かなり便利ぃです。
簡単にノベルゲームを制作できるソフトなのですが、本当に簡単に制作できちゃいます。

これはもう作る行為自体がゲーム感覚ですね。

詳しくはリンクより飛べるサイトを参照のこと。


また、この作品を作るに辺り、様々な場所から素材を借りさせていただきました。

追記にて紹介いたしますので、興味がある方は足を運んでみてくださいな。


さて、というわけでAlternativeのノベルゲームはこちらよりダウンロードしてください。



このZipを解凍し、lanobootというアプリケーションを起動させることで、Alternativeがプレイできます。

しかし、容量の関係上、画像データと音楽データは別に圧縮されています。

画像データ


音楽データ


Zipの中には、gsという名前のフォルダがそれぞれ入っています。
この二つのフォルダをgameresというフォルダに入れてください。

これで画像データと音楽データがlanobootで出力されます。


分からない人のために、簡単な画像付き説明。

説明01
Alternative_Sample内のgameというフォルダを開いてください。

02
解凍したSoundとCGのZipフォルダ内にあるsとgをresにぶっ込んでください。

これであとはlanobootを起動させれば、Alternativeがプレイできるわけです。

とりあえずタイトル画面だけ晒しておきます。
キャプション


できれば皆さんプレイしてみてくださいな。
ちなみに非エロです。
あといろいろ突っ込みどころもいっぱいです。

まずキャラクター画像がシルエット。キュリーさんとセシウのみ。
しかもキュリーさん服着てる……! セシウがポニテじゃない……!

ちょうどいいシルエット画像がなかったため、お許しください。

キャラデザなどをしてくださる絵師様がいれば、もっとしっかりした形でも作ってみたいですね。
そしたら通販とかするのも楽しそう。
やってみたいです、そういうの。

さて、細かいことはまた後日語るとして、追記より素材をお借りしたサイト様を紹介いたします。
...続きを読む
スポンサーサイト



[2009/08/09 21:23] | ひそひそサイト | トラックバック(0) | コメント(0)
作ってしまった
さて、三回連続更新となったわけなんですが、今日一日で書くべきことが多すぎますね。
いや、ネタは鮮度が命。基本的に今日ないし前日に起こったことしか書かないのが、葉月火熾のこだわり。
一週間前の話はもう鮮度が落ちてるし、伝えられる自信がないです。

というわけで、実は少し前から密かに作っていたものがあるのです。

こちら

簡単に言うと、葉っぱBOX@Wiki――葉月火熾の作品のキャラクターや用語をWiki形式で纏めたものです。
現在Alternativeの方が結構突っ込んだところまで作成されております。
Dogma/Ideaもこれから物語が進行するにつれて増えると思われますのでどうぞお楽しみに。
本編の進行に従い、順次更新していきますので。
Alternative関連のページが多くて、自分でもびっくり……。やっぱりファンタジーは妄想すると止まらないですね。
こわいこわいgkbr

本編が更新されるたびに見に行くといろいろ楽しいかもしれませんね。

テーマ:更新報告・お知らせ - ジャンル:小説・文学

[2009/06/16 20:48] | ひそひそサイト | トラックバック(0) | コメント(0)
あっちこっち更新
というわけでAlternativeの更新報告とは分けて更新するわけですが、
こっちもこっちで更新報告です。

こっちでは作品の更新ではなく、サイト自体の更新について触れます。

えー、ブログを見てる方はもう気付いていると思いますが、この記事の右側にプラグインがあるのは分かりますよね? 

そっちの方です。→

で、そこの一番上に、新しいものが追加されてますよね。
読書メーターというものなのですが、つい先日より記録を初めて見ました。

この読書メーターというのはなかなか面白くて、
今まで読んだ本を記録すると、ページ数に変換してメーターを作成してくれるんですよ。
さらに今まで読んだ本の冊数などもメーターにしてくれます。
今読んでいる本や、読みたい本、平積本などの項目もあり、弄っていてなかなか楽しいものです。

なかなか読書のモチベーションが上がるものなので、
読書が好きな方も、
あまり好きでない方も、
登録してみると楽しめるかもしれませんね。



で、まあ、余談はさておき、どっちかっていうと本題はこっち。

つい先日、当サイトにRSSを導入しました。
フィードを購読しておくと、更新したのがすぐわかるアレです。

駄文同盟様に登録した際に作成されたので、これはいいなと思って利用してみました。
これは便利だと思います。更新する都度に自分でこちらも更新しないとならないのですが、私みたいに不定期更新のサイトの場合、そちらの方がむだ足を踏まずに済みますよね。

RSS

もしよければお使いください。

テーマ:更新報告・お知らせ - ジャンル:小説・文学

[2009/06/13 04:03] | ひそひそサイト | トラックバック(1) | コメント(0)
なんとか間に合った
Alternativeの第三話を無事更新できました。
今週中に、という約束をなんとか守れましたね。いやいや、よかったです。
この調子で維持していきたいものですね。

いや、本当に。

あまりサイトの更新は疎かにしたくないものです。
せっかく作ったサイトなのですから、皆さんに楽しんでもらえるサイトにしていきたい限り。

というわけで、
まだ読んでいない方は、楽しんで頂ければ幸い。
読んでくださった方は、楽しんでいただけたでしょうか?



今回の更新ではいろいろな専門用語や造語も出してみました。
専門用語に関しては、その大半が元素に通じるものです。キャラクターの名前もそうですが、Alternativeの世界観の主軸には元素が存在しております。

造語に関しては完全に音から作成。
文法は英語を基盤として、そこを少しいじったものです。
いろいろと考えて作ってはいるんですが、まあ、ルビの方の意味だけ見てくれれば問題はありませんね。
まあ、ちょっと音を楽しんでみるのも十分にアリ。

クロームの技は相変わらずの主役的な感じを意識。やっぱ主人公って言ったら剣でしょうし。
これからもずったずったと敵を串刺しにしてくれるはず。

格好いいね。クローム。
ダテにかっこつけてない。


あと、プラナにもようやく見せ場が。
目立ってないのは、キャラが薄いわけでも、弱いわけでもない。
というか、あの中で一番弱いのはきっとガンマ。何気、純粋な攻撃力だけならプラナが最強だと思うわけですし。

か弱い見た目してえげつない子です。

外見に騙されちゃいけないという教訓。




さて、いろいろと専門用語が堆積してきたので、今回は更新報告のついでに少し捕捉とかもしようと思います。
別に本編でも触れるものなのですが、今回は裏話込みで。

いずれWikiとか作ってみるのもいいかもしれませんね。
話が長くなるにつれて書くことも多くなるので、今のうちに始めた方がよさそうです。



さあ、ではいきましょう。
ハヅキンのパーフェクトオルタナ教室!
あたいみたいな天才めざs


リゾーマタ(Rizomata)
Alternativeの舞台となる世界。
彼らの住む大陸や惑星などではなく、宇宙さえをも括りに入れた呼称。
ちなみに彼らが住む惑星はアーエール、その大気圏外をアイテールと呼んで区別します。
リゾーマタの住民はまだ宇宙――それ以前に空を渡る技術を開発していないため、天空とは到達できていない場所でもあり、人々の手には届かない空自体を指してアイテールと呼ぶこともあります。

高い山に登って手を伸ばせるまでが空気。そこから先がアイテールといった感じ。
ある意味、遠いものに対する例えともなりえますね。


アカシャ(Akasha、阿迦奢)
リゾーマタに於ける神。
Alternativeの世界の人々全員が間違いなく知っているであろう存在。
理論上いるとされていながら、一度も観測されていない意識体。
天空を構成する元素であり、また人々の魂の構成物質でもあるとされる第五元素エーテルの意識集合体。
リゾーマタを創造した存在とされ、絶対神として崇められている。

そも、火・水・風・土の四大元素に意識集合体が確認されていることから理論上いるとされているだけなので、実在するか否かは一般的に不明とされている、幻想にも近い存在。

ちなみに四大元素における火・水・風・土というのは、本来の意味の四つを示すものではなく、

水=液体
風=気体
土=固体
火=化学反応

というものを示すための言葉である。

ここにおけるエーテルとは「虚空・空間・空」を示すもの。



《万物の記録(アカシックレコード)》(Akashic Records)
《旧い剣(アカシックブレイド)》(Akashic Blades)


《万物の記録(アカシックレコード)》とは、その言葉から分かるようにアカシャの記録――要するに“アカシャ年代記(Akasha Chronik)”を示す言葉。
世界を創造した神とされるアカシャが蓄積した記憶そのもの。
観測者が人という制限された存在であった場合、
観点は極めて人間的な客観となり、
観測できる範囲も大きく制限される。

また、人としての観点に縛られざるを得ない人では、世界というモノ全体の観点で観測することはできず、それは“人間が知覚できた範囲で起こった出来事を記した観測記録”――いわゆる日記となってしまう。

しかし、観測者が創生神――アカシャ――であった場合、“アカシャが知覚できた範囲で起こった出来事を記した観測記録”はアカシャにとって日記でしかなくとも、世界にとってそれは絶対的な記録と成り得る。
人間界で起こった全ての出来事を記録した、人間界の歴史ではなく
世界で起こった総ての事象を記録した、膨大なる世界の歴史。

そのアカシャの記憶という記録が、《万物の記録(アカシックレコード)》ということである。


《旧い剣(アカシックブレイド)》は、その《万物の記録(アカシックレコード)》へのアクセス権を限定的とはいえ所有するクロームだからこそ使える技だ。
クロームが与えられた《万物の記録(アカシックレコード)》へのアクセス権――それは“この世に現存していた剣の記録”へのアクセスを許される権限。

この権限を行使することにより、クロームはエーテルを介して《万物の記録(アカシックレコード)》へアクセスし、“現存していた剣”の全てを知ることができる。

材料
性質
誕生の経緯
時代背景

何より、その剣の記憶


痛み
手にした者達
赴いた戦場

その全てを知ることによって、クロームは全ての元素の根源にして万物の起源である第五元素エーテルより、その剣を新生させることができる。
それは再現という次元を超え、過去より現代へと剣を持ち出しことと同義。
一切の劣化も進化もなく、完全に《同位体(アイソトープ)》である剣をクロームは創造できる。

アカシャは神話を生きた創世神――《万物の記録(アカシックレコード)》は神話の時代にまで遡り記録されている。
つまり、神話の時代に現存していた剣さえもクロームはこの世に創造することが可能だ。
その全てを巧妙に運用することによって、クロームの力は絶対的なものとなる。



また、《万物の記録(アカシックレコード)》へのアクセス、神話の時代の剣の新生を行える《旧い剣(アカシックブレイド)》は
アカシャの存在と神話の実在を証明するのに、十分すぎるほどの証拠となっている。



ちなみに、《旧い剣(アカシックブレイド)》が
Fate/stay nightのアーチャーが使う無限の剣製(Unlimited Blade Works)に似ているのはきっと偶然じゃないです。
むしろ、間違いなくあれがネタ元になってます。

だらしねぇな

テーマ:更新報告・お知らせ - ジャンル:小説・文学

[2009/06/13 03:38] | ひそひそサイト | トラックバック(0) | コメント(0)
いろいろ登録
いろいろと検索サイトに登録してきました。
全部で五件かな?

「駄文同盟」や「HONなび」など結構有名所にも登録してみました。
やっぱりアクセス数は伸びてほしいですからね。
これからも暇を見つけて登録していくつもりです。

何よりも皆様に聞いてほしいのはネット小説ランキングに登録したこと。
思い切って登録してみました。
少し怖くはありますが、これで評価されたら「歪みねぇな
評価されなかったら「仕方ないね」&私の小説「だらしねぇな」ということで。
もし私の小説を気に入ってくださる方がいれば、どうか一週間に一回投票してみてくださいな。

いろいろ検索サイトにも登録しましたし、そこから来た方々に投票してもらえれば、ランクアップ→さらに読者が増える、ということも可能。
細々とやっていますが、やはり感想が欲しいというのは、クリエイターが絶対に持つ欲望。葉月火熾も欲を言えば感想がいっぱい欲しいわけです。
これはクリエイターの性! 分かってくださいな。

というわけで、まあ、ランキングに登録したからといって更新スペースが伸びるわけではないです。
これからも細々と更新していきます。一週間に一回は守れるようにしたいですが。

読んでくれている方々は温かい目で見守ってくれると嬉しいです。

テーマ:更新報告・お知らせ - ジャンル:小説・文学

[2009/06/10 20:07] | ひそひそサイト | トラックバック(0) | コメント(0)